フィンペシアなんでも情報ナビゲーター

フィンペシアに配合されている有効成分のフィナステリドにおきましては、男性ホルモンの働きを抑制させる作用は持っていますが、男性ホルモンそのものを減少させる成果は認められていません。

 

ただし、男性ホルモンの活性化を抑制するという事は、それつまり男性ホルモンが弱体化するという誤解を多くの人が持っているようで、そのようなある意味先入観により、精神的な影響を受けてしまい、性性能の低下へとつながっている見込みも心積もりられます。

 

あくまでもフィンペシアの経験則から発送られている副作用となります。

 

フィンペシアの副作用として、EDや精子の減少、無精子症、性欲減退などといった色々な症状が報告されてきてはいますが、これらの副作用というのは実のところのところ医学的な証明がされていません。

 

とは言いましても、フィナステリドにおいては、脳の神経ステロイドにそれに対し影響が出て来ることが認められており、ホルモンバランスが崩れてしまうきっかけとなり、うつ病、めまい、性欲減退なといった事が起こる確率は十分にあります。

 

実のところのところ、国内で行われた実験によりますと、対比対象をするために有効成分が配合されていない薬を服用したグループであっても、フィナステリドを服用した人とほぼ同じ比率で、性働きに衰えを感じたという結果があります。

 

このように、フィンペシアと生殖性能の低下という因果関係については、明確と立証されていませんが、EDや性欲減退を体感する人が多くいる事から、生殖機能の低下には用心した方が良いかもしれません。


ホーム RSS購読 サイトマップ